事業案内
調査
豊富な経験と科学的データに基づく解析

鉄筋コンクリート造建築物は、従来非常に堅固で半永久的な寿命を持つものと社会的に信じられてきました。しかし様々な劣化外力、劣化要因により、性能が経時的に低下するのは避けられません。

また近年、建築物の社会的資産価値の高まりとともに、耐久性の確保、向上が重要課題となっております。

そこでまず既存建築物の性能の低下度(劣化程度)を知ることは、補修計画を立案する上で大変重要なプロセスとなります。

工技研ではそれぞれの劣化現象に応じた、適切な診断方法と綿密な分析により、お客様に分かりやすい調査・診断報告の作成を実施しております。

■ 担当部署
工技研 技術部
〒113-0033 東京都文京区本郷2-12-6 田辺ビル2F
TEL:03-3817-8167 FAX:03-5802-8734


工技研・調査フロー