事業案内
調査
建物診断(仕上材調査)

■ ゴンドラによる外壁面打診調査/超音波によるひび割れ深さ測定


■ 外壁タイル面の接着力試験


■ 外壁吹付面の接着力試験

■赤外線センサーによる劣化診断

赤外線装置法による劣化診断工業用に開発されたサーモグラフィーで、建物の外壁仕上げ材表面から放射されている赤外線量を捉え、その赤外線量を温度に変換し、表面温度分布を画像処理するシステムです。

外壁に浮き部(剥離)が発生した場合、浮き部分にある空気層の断熱作用により建物内部への熱の伝達に差が生じ、健全部と浮き部は温度分布が異なります。
また異常部を解析し、非破壊非接触にて下地の状況を予測します。
打診調査との併用をお薦め致します。

赤外線センサーによる劣化診断